Home > EXHIBITIONs > JAMコンベンションにて水野良太郎氏を顕彰

JAMコンベンションにて水野良太郎氏を顕彰

去る8月20日土曜日、第17回国際鉄道模型コンベンション会場のイベントステージを借りて、2016年度鉄道模型功労賞の贈呈式を行った。水野氏はこの贈呈式を大変楽しみにしておられたが、直前に体調を崩してしまわれ、同日はご本人抜きでの贈呈式となってしまったことは、残念でならない。
p1210447a
贈呈式では、第1回の2000年度から昨年度までの受賞者をご紹介した上で、水野氏のどのような功績に対してこの賞を差し上げたかを会場に参列して下さったファンの方々に説明させていただいた。
また、会場内に設けられた日本鉄道模型の会のブースにも、贈呈した感謝状のコピーと水野氏の近影を掲示し、来場者への周知を行った。
この前後に何度か水野氏と電話でお話をさせた頂いたが、徐々に快方に向かっているとのこと。一日も早い回復をお祈り申し上げたい。
mizuno
鉄道模型趣味1973年11月号掲載の作品。当時ロストワックスパーツを利用したハイディティール化がブームとなったが、反面、技術的な問題もあり、前照灯の点灯などが顧みられなくなった。見た目だけを追究するモデラーを“走らせる模型”を前提に考える水野氏が軽妙に皮肉ったもの。水野氏の作品は大人にはニヤリと、子供には大人の洒落た世界を垣間見せてくれるものだった。
©水野良太郎  – 水野良太郎氏の許諾を得て転載

Home > EXHIBITIONs > JAMコンベンションにて水野良太郎氏を顕彰

2017年3月25日(土)-26日(日)
東京芸術劇場で開催します。
ご期待ください。
検索

Return to page top