Home > アーカイブ > 2012-08

2012-08

仙台臨海鉄道の「復興祈願のレール」をお求め頂いた方へ

「東北復興支援2012」コーナーで仙台臨海鉄道の「復興祈願のレール」をお求め頂いた方で、おまけにお付けした「仙台臨海鉄道の純正軍手」を右手用を2個お渡ししてしまった方がいらっしゃいます(こちらに2個左が残ってます)
お手数ですが、adm@tetsudomokei.jpまでご連絡頂ければ助かります。「正規品」をお送り致します。

コンベンション担当
伊藤良一

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

「第13回 国際鉄道模型コンベンション」無事終える事が出来ました。

皆様に支えられ「第13回 国際鉄道模型コンベンション」無事終える事が出来ました。広くなった会場に「本物の軽便機関車」「西尾克三郎の鉄道写真」「大幅に広い通路」など、今までに無いチャレンジを致しましたが、大きな混乱なく終了出来ました。今年から「入場料」を上げさせて頂きましたので、心配をしておりました入場人員ですが、販売実績など確認致しました結果、40950人と過去2番目に多いご来場・ご参加を頂きました、誠にありがとうございました。
また「東北復興支援2012」コーナーの義援金は、ボランティア参加の中学・高校生の活躍により、26185円が集まりました。グッズ販売売り上げと一緒に急ぎお届け致します。
ご来場者の皆さま、ご出展企業さま、クリニック講師の皆さま、ボランティアの皆さま、MP出展の皆さま、ご協力ありがとうございました。

コンベンション担当
伊藤良一

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ご出展者で「韓国語」の解る方、いらっしゃいますか?

コンベンションまで残すところあと3日です、皆さまご準備は順調ですか?
今回、韓国鉄道公社(Korail)から国際鉄道模型コンベンションへ視察団が来られます「日本の鉄道イベント」がどのように行われているかの調査だそうで17日(金)に来場されます。
そこでJAMからのお願いです、ご出展者、会員の皆様での中で「韓国語」の解る方いらっしゃいますか?先方は「日本語、英語対応が厳しい」との情報で、「ご挨拶」くらいは丁寧に進めたいと思い、韓国語のできる方を探しています。
ご協力頂ける方はadm@tetsudomokei.jpまでご連絡下さい、宜しくお願い致します。

JAMコンベンション担当
伊藤良一

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

しょうがい者の方へー入場無料化のお知らせです

今回のコンベンションについて、しょうがい者(ご本人)割引きはございませんが「介助を必要とする場合」介助者(ご本人に対し1名)分の入場料は無料としてまいりましたが、検討の結果、しょうがい者ご本人と介助者の方、ともに入場無料とすることに致しました。

前売り券(引換券)をすでにご購入の方は会場入り口の会員申し込み窓口(チケット販売窓口ではございませんのでご注意ください)にて障害者手帳を確認させていただいた上、払い戻しをさせていただきます。ご購入のチケットとともに手帳をお忘れにならないようお願い致します。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

2012年度JAMコンベンション記念貨車

毎年ご好評をいただいているJAMコンベンション記念米国型貨車を本年度も製作致しました。

2012年バージョンはAccurailの40’スチールリーファーをベースにしました。

リポーティングマークは例年通りJAMX

ナンバーは本年度仕様で2012

D&GRNロゴは大型のものとなります。

Pinecone Products/松川詠一氏がフィニッシュワーク/ウェザリングを行っています。

価格は送料込み6,720円になります。

ご希望の方は件名を「コンベンション記念貨車」として●会員番号●氏名●送付先住所と電話番号をadm@tetsudomokei.jpまでお知らせ下さい。折り返し振り込み先口座をお知らせ致します。コンベンションまで事務局多忙につき、ご返信はコンベンション終了後になる可能性があります。また売り切れの場合はあしからずご了承ください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

会場案内パンフレットDLできます

新しくなったビックサイト東4会場で開催されるJAMコンベンションの会場案内ができました。
従来より広くなった会場に最大規模の出展となる今回のコンベンションのパンフレット(PDF版)はこちらからダウンロードできます。

パンフレット表側(PDF:474KB)
パンフレット内側(PDF:757KB)

U Streamでコンベンション実況中継

昨年実施したU Streamでのコンベンション中継ですが、今年も下記アドレスで実施致します。

http://www.ustream.tv/channel/jam2012

各社新製品発表会や会場風景を中心に随時実施する予定です。ご期待ください。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

「無線TV・トレインスコープ」を使用申請を締切ります。

コンベンション期間中「無線TV・トレインスコープ」の使用申請を今夜締切ります。
皆さまの間で「時間・チャンネル」の割り振りを致します、回答頂かなかった出展者は企業様も含め、期間中の機器使用を中止頂きます(昨年も混信不具合が起きています)
「未回答/責任者が回答したか不安な方」は急ぎ回答願います、既に頂いた方が多く時間割り当てを待っています、宜しくお願い致します。

内容は以下の項目
1. 持っている無線TVの種類(メーカー)とチャンネル(複数台持っている場合、チャンネルを全て回答)
2.周波数可変かどうか?
3. 当初の申請台数から変更があるか?

回答先は  [adm@tetsudomokei.jp]まで願います。
回答期限は 8月11日(土)0:00です(後12時間待ちます)

コンベンション担当
伊藤良一

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

コンベンション期間中のクリニックスケジュール

JAMコンベンション期間中に各種クリニックを開催致します。

■8月17日(金)

☆クリニック会場 1(写真展入り口から入場)

●鉄道模型功労者受賞者講話/受賞者から見た「昭和な鉄道模型人」13:30〜15:00

●鉄道連隊とE18型のお話/講師:草原社・花井正弘さん 15:30〜17:00

☆クリニック会場 2(会場外のエスカレータを上がった2F、コンビニ横通路奥ガラスドアを入った会議室)

●大人の模型談義、「おふれこ版2012」/でんしゃくらぶ代表 武本典幸さん+牛久保さん 13:30〜15:00

■8月18日(土)

☆クリニック会場1

●蒸気機関車の走る軽便鉄道を目指して/講師:羅須地人鉄道協会 事務局長・相場二郎さん 代表幹事・角田幸弘さん 11:00〜12:30

●「西尾写真を語る」パネルディスカッション第一回 パネラー:杉さん、宮田さん、西尾さん 司会:前里さん 13:30〜15:00

●E18型がレストアされるまでお話/講師:草原社・花井正弘さん 15:30〜17:00

☆クリニック会場2

●大人の模型談義、「おふれこ版2012」/でんしゃくらぶ代表 武本典幸さん+牛久保さん 13:30〜15:00

●Nゲージ入門講座「みなさんの素朴な疑問お答えます」小野坂 敏見さん 15:30〜17:00

■8月19日(日)

☆クリニック会場1

●快削真鍮材のお話と、炭素棒半田付け法の実際/講師:今野喜郎さん 11:00〜12:30

●「西尾写真を語る」パネルディスカッション第二回 パネラー:杉さん、宮田さん、西尾さん 司会:松本さん 13:30〜15:00

☆クリニック会場2

●大人の模型談義、「おふれこ版2012」/でんしゃくらぶ代表 武本典幸さん+牛久保さん+特別ゲスト嶽部さん  13:30〜15:00

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

開催時間・入場に関するお知らせです

2012年「国際鉄道模型コンベンション」開催まであと10日あまりとなりました、東4ホールでのビッグで濃い内容にご期待下さい。
今年は「開催時間」「入場料改訂」「中学生の有料化」など、変化がありましたので今一度ご案内致します。

会期 2012年8月17日(金) 12:00 〜 19:00
        8月18日(土) 10:00 〜 19:00
        8月19日(日) 10:00 〜 17:00

* 17日は「プレス公開取材」「出展者限定の内覧公開」の為、一般入場は12:00からになります。
* 東京ビッグサイトの開場は8:00になります、それまではビッグサイト建屋内へは入れません。

入場料       一般 2000円
      中学・高校生 1000円(本年から中学生を有料にさせて頂きました)
    女性・70歳以上 1000円(ご家族で来場される場合の負担軽減から割引き価格を設定致しました)

* 前売り交換券は入場券との交換が必要です(開場前整列時の「交換対応」を予定しています)
* 前日16日の24:00まで「JTBエンタメチケット」で前売り交換券1600円を販売しています、また協賛支援の各模型店店舗でも前売り交換券を販売中です。
* しょうがい者(ご本人)割引きはございませんが「介助を必要とする場合」介助者(ご本人に対し1名)分の入場料は無料になります。

日本鉄道模型の会 コンベンション担当
伊藤良一

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

Home > アーカイブ > 2012-08

検索

Return to page top